強く印象に残るように

0324.

出会い系サイトで何よりも大切なのが、初めて意中の相手にコンタクトを取る際の内容です。

お互いに話しているうちに打ち解けてくるだろう、などとのんきに構えず、最初の一歩でいかに相手に良い印象を与えられるか、興味を持ってもらえるかを考えて取り組みましょう。

近頃は、出会い系サイトにも海外の方が見受けられるようになりました。

日系人だけでなく、外国人も参加しており、日本人の女性はとても人気があります。

アジア人の中でも小柄で可愛らしく、気性も大人しい女性が多いので、そういった女性を好む海外の男性から、熱いラブコールを受けています。

また、日本人の女性も、海外の男性に興味を持つ方が多く、そうした二人が出会えば海を越えた恋愛に発展することも珍しくありません。

国際化が進み、言語や生活習慣の違いなど些細な問題になってきていますから、こうした恋愛も受け入れやすいのでしょう。

一方で男性は、海外の女性から特に人気があるとは言えません。

好みもあるでしょうが、前述のような「小柄で大人しい」という部分は、男性の場合、武器にならないということかも知れません。

日本人の性質が魅力に結びつくのは、女性ならではなのでしょう。

こうした現状から、同じ日本人男性のみならず、海外の男性までもが一緒になって日本人女性を取り合う、という状況が見えてきます。

日本人からの求愛には心構えがある女性も、別の文化からの熱いメッセージや、機知に富んだ会話のセンスには、ついくらっときてしまうでしょう。

こうした多くのライバル達から、あなたの存在に目を留めてもらうためにも、最初の対話に力を注がなくてはなりません。

ここで失敗してしまうと、相手からはメールの返事が途絶えたり、完全に無視されてしまうこともあるでしょう。

最初の対話で、自分の人となりをしっかり相手に伝えることはもちろん大切ですが、そこに何かひとつでも印象深い会話を加えると、あなたの存在が際立ちます。

ただし、やりすぎは禁物です。

自分を特徴付けるような言葉を目いっぱいに使うのではなく、あくまでも普通に、話しやすい会話の中で深みのある内容を加えるのが大切です。

ちょっとしたことですが、他の人とは違う印象を相手に与える効果がありますので、心に留めておいてください。

相手に伝わりやすいメールを書きましょう!

0086.

例えば手書きのノートの場合、字が綺麗だと読みやすいノートだと言えるでしょう。

他の人に貸そうと考えた場合、自分が書く文字が綺麗でなくても丁寧に書こうと努力するのではないでしょうか。

実は、メールの場合にも「読みやすさ」というものが存在します。

考えたことも無かった人は自分の書くメールに問題がないかどうか確認してみてください。

読みやすいメールとは適度な改行と行間があることです。

パソコンのメールの場合は、一行に対して30〜40文字、行間は3〜5行間隔が目安です。

また、半角カナを沢山使うことも避けることが見やすくするコツです。

文章の量にも注意してください。

冗長なメールはよくありません。

0420.

伝えたいことを簡潔に書き、件名も内容が分かるようなタイトルにしましょう。

ただし、短すぎるのも問題があります。

無愛想に感じられるので、適度な長さになるように心がけましょう。

もちろん、誤字脱字にも注意してください。

文字のミスを少なくするためには、メールを送信する前に読み直すことをオススメします。

特に書いている途中だと漢字の変換ミスは見逃す傾向にあります。

急いで送信したい気持ちを一旦落ち着けることがポイントです。

さて、あなたが書くメールは問題ありませんでしたか?見難いメールは最悪読まれもしない可能性があります。

読みやすいメールをきっちり仕上げることが簡単にあなたの印象をプラスにする方法なのです。

ゆっくりと自分に合ったサイトを見つける事が出会えるポイント

インターネットの出会うサイトにメンバー登録をしようと考えているのですが、出会い系サイトでは何個の出会い系サイトにメンバー登録をしていればいいのか全く知らない人たちはたくさんいると思います。

ウエブ上の出会うサイトのうわさなどを探してもかなりの数の出会い系サイトがあるので、どのような出会い系サイトが自分自身に合っているのかどうか、わからないと思うので出会い系サイトが初体験の人であればきっと悩んでしまいますよね。

初めからいろいろな出会い系サイトにメンバー登録をしてあっても、使用する出会い系サイトが一個だとしたらいちいち何個も出会い系サイトにメンバー登録をするのはないと思います。

初めて出会い系サイトに登録し、どのようなサービスがあり、どんな人たちからメールがくるのか全く分からないので、まず最初に一個の出会い系サイトにメンバー登録をしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトを利用していくと慣れてきますので、そしたら何個か出会い系サイトにメンバー登録をしてみるのも良いと思いますが、自分自信によく合った出会い系サイトを見つけたらその出会い系サイト一個に絞って使用をしてみた方が、新しい出会いもたくさん増えるのだと思います。

上手に恋愛をするためにいろいろな出会い系サイトにメンバー登録をしてもいいと思いますが、自分自信がどのような出会い系サイトでどのような人と新しく出会うことができるということを覚えておくことも重要なので、すぐわかるようにしておくことが大事だと思います。

新しく出会うきっかけを自己紹介文にたくさんの時間をかけるのもどうかなとわたしは思ってしまいます。

出会い系サイトによって探しているグループの範囲が小さかったりもするので、一回出会い系サイトの説明みたいなものを集めるのが最初からした方がいいのかもしれないですね。

新しく出会うきっかけを探すには、多少時間が必要ですがゆっくりと自分に合った出会い系サイトに登録をした方がいいでしょう。

出会い系サイトで知り合った相手が知り合いだった!

これは私の男友達が現実に経験した話です。

その男性が20歳だった時、彼は夏に向けて出会い系サイトで新たに付き合う女性を探していました。

好みのタイプは、アヒル口をしたらキュートな田中美保さんみたいな女性です。

そして出会い系で彼女を探していた彼は、本当に田中美保さんクリソツの綺麗な女性を見つけました。

むろんその女性が自分で自分を撮影した画像だから、本物の彼女自身の美貌は定かではないのですが、自分撮りの画像を見て彼はこの人に会いたいと思いメールで彼女を誘って実際に会うことになりました。

待ち合わせは横浜駅の中にあるルミネの前です。

どきどきしながら待っていた彼に出会った女性は昔の元カノの親友でした。

久しぶりに会ってみて、化粧も表情も髪型もずいぶん変わってしまっていたそうなのですが、女性の独特な喋り方ですぐに元カノの親友だと分かったそうです。

自分の親友の元カレとは気づかずに彼女は気まずい彼に「どこに行こうか?」と楽しげに言っていたそうで、その後、彼は腹痛のふりをして彼女と別れて帰宅したのだそう。

その彼女は可哀そうでしたが、出会い系ではどこの誰とばったり出会うことになるか分からないのです。

失敗しないためのテクニック

0307.

出会い系サイトでありがちな失敗のひとつに、『モテようとするあまりに逆に埋もれてしまう』というのがあります。

どういうことかというと、女の子ウケを狙いすぎて無難なことばかり書いた結果、当たり障りがなさすぎてその他大勢の中に埋もれてしまい、結局誰からも注目されずに終わってしまった……というケースです。

初心者のうちにはありがちな失敗なのですが、これはほんの少し覚悟を決めて割り切るだけで未然に防ぐことができます。

たとえば洋楽、しかもバリバリのハードロックしか聴かないような男性の場合、プロフィールに正直にそう書くと「女の子に敬遠されるんじゃないかなあ……」と心配してただ単に「趣味は音楽を聴くことです」と書いてしまいがちです。

これでは確かに嫌われないかもしれませんが、ありふれすぎていて面白みがありません。

しかし、ここで思い切って自分に正直に「ハードロックが好きです」と書くことで多くの女の子にはスルーされるかもしれませんが、数パーセントの同じ趣味を持った女の子からは強い興味を持たれるでしょう。

たとえ数は少なくても、あなたと同じ趣味を持った人と盛り上がるほうが中身の濃い出会いができることは間違いないですし、相手もそれを求めているはずです。

出会い系サイトの利用者数は、日々増加し続けています。

特に、さくらなしの良質な無料の出会い系サイトとなれば、利用者数はかなりの数にのぼります。

そんな中で効率よく自分好みの相手と出会おうと思ったら、いかに自分を印象付けるかにかかっていると言っても過言ではないのです。

出会い系サイト利用者の体験

私の人生が転換したのは28歳の頃でした。

薬局に勤めていたので彼氏を作れる環境ではなく、ランチを一緒にする程度の男性としか付き合いがありませんでした。

仕事に打ち込めていたのが救いでしたが、このままでは寂しいと感じていたのも事実でした。

いつものよう悩みを抱えながらネットサーフィンをしていると優良出会い系サイトの文字が目に付きました。

女性会員は全て無料で費用の心配がなかったこともありましたが、どこかに出会いを渇望している自分がいたのだと思います。

思い切って登録をしてみました。

しかし、引っ込み思案な性格が影響したのかメールの返信には躊躇ばかり。

相手の素性が分からないことが怖くてメールを眺めては閉じる行為を繰り返していました。

ですが、「このままでは何のために登録したのか分からない。

あの時の私は男性とのお付き合いを考えていたじゃないか」と奮起し、それからはメールを受信するたび殆どの相手に返信することにしました。

それからです。

私が変わっていくのを実感し、相手の事を理解できるようになってきたのです。

その中で、一際目に付くメールが来ました。

とても丁寧に書かれた内容で、写真も添付された38歳の男性からのメールでした。

親から継いだ肉屋を経営されているらしく、仕事への情熱や葛藤が伝わるメールでした。

私はその方を知りたくなり交際を申し込んだのです。

彼に惹かれていました。

他の会員からのメールには一切目もくれなくなりました。

しばらくして、ある相談を持ちかけられたのです。

それは、お肉屋さんの隣に食堂を開店したくて支えてくれる女性を探しているという内容でした。

私は照れ屋な一面もある彼なりのプロポーズだと認識しています。

出会い系サイトで成功した人の話

出会い系サイトを利用する時に、他の方の成功例を参考にしたい方もいらっしゃるのではないかと思います。

そこで、出会い系サイトを利用して異性と出会った方の体験談をご紹介したいと思います。

匿名希望(男性、東京都、20代)・出会いのきっかけはどんな形でしたか?「まずサイトを選ぶのに時間をかけました。

とにかくサクラのいない評判のサイト。

それでなるべく格安のサイトがベストでした。

実際に見つけたサイトはサクラが少なそうで、しかも無料だったので希望通りだったと思います。

サイトを見つけたら、自分と性格的に合いそうな人には全部メールを送りました。

ただ、返事は返ってきませんでした。

ほぼ全部スルーで、諦めかけたところ、一通だけ返ってきた。

それが同じ東京の、看護婦の女性だったんですけど。

一番気に入ってたのが偶然その人だったんです。

だから、すぐに返事を送りました」・どんなアプローチの仕方をしましたか?「こちら側からは何もしませんでしたね。

なぜって、向こうがすごい、積極的だったんです。

正直、これでいいのかって思ったり、若干引いたぐらい。

デートの誘いも向こうからでした。

『今度新宿で遊ばない?』って」・デート当日はどうでしたか?「こちら側からは、何も気を遣う必要なかったです。

積極的な女性だと、かなりスムーズに進むと思いますよ。

『ウソッ?』ってなるぐらい。

あの時の場合、デートは普通に楽しめたし、次に自分の家に来ないかとまで誘われたんで…」


出会いの為ならお金がかかっても!という方

もうわたしは35歳という年齢を過ぎてしまったので、そろそろ結婚をしたいなと真剣に考えるようになってきました。

今までのわたしは自分で働いてもらったお金は、自分の好きな物を買ったりして自由に使っていましたが、最近自分のまわりがどんどん結婚していき、その人たちの影響のせいか最近結婚して家族を持ちたいと考えるようになりました。

今までの自分は、自分の好きなように生活を送っていました。

そのせいなのか、わたしは結婚相手に求めていることはかなりと言っていいくらいハードルが高いらしく、知人からせっかくわたしのために女の人を紹介してくれても、すぐにわたしは断りの連絡を入れていました。

今考えると、どうしてそういった新しく出会うきっかけを、わたしはすぐにダメにしてしまったのだろうかと今とても悔しい気持ちでいっぱいです。

知人にその女の人を紹介してもらってから、新しく出会うきっかけが全くと言っていいほどないので、わたしはインターネットの出会うサイトに会員登録をすることに決意したのです。

インターネットの出会うサイトで、お金のかからない掲示板なら男の人でも無料で書き込んだりすることが可能なのですが、いくらお金がかからずに異性と出会えるサイトと書いてあっても男の人のみが使用料を支払わなければいけないという、出会い系サイトがとても増えているのでわたしは少し残念に思っております。

男の人の会員の立場から考えてみると、男の人も女の人も使用する料金などはすべて平等であるべきかと思います。

男の人も女の人も探していることは同じで共通の新しい出会いなわけですから、少しでもいいので女の人にも料金を負担してもらうべきだと思っています。

確かにお金を支払っているせいなのか新しい出会いは確実に増えているのです。

しかしこれからの将来性を考えたら、やはり出会い系サイトの発展のためにも、男の人も女の人も同じ料金制度にしたほうがいいのではないかとわたしは思います。

いつもちょっとしたことで男の人は損をしていると思っていますが、みなさんも男の人が損をしていると思ったことは何度もあると思います。

インターネットの出会い系サイトは新しい出会いのきっかけ場所なのですから、毎日楽しく過ごしていってもらいたいと思っています。